無明長夜を行く

無職独身アラフォー女性です。先行きの見えない日々を綴ります。

過去の職歴整理 ④

「過去の職歴」って、

頭痛が痛いみたいな表現だな。

 

職歴なんだから、過去ってわざわざ要らなかった。

 

今更ですが。

 

4つ目(最後):少人数職場!アットホーム、和気藹藹。業務自体は楽しかったが、職場の雰囲気に馴染めず業務に支障。

 

6月末に退職した、直近の職場。

在職11ケ月。

 

身体的負担が少なく、給料がよかったので選んだ。

 

 

業務自体は、楽しかったし、顧客からの評価もそこそこもらえていた。

 

 

でも、「アットホーム」な職場は自分には不向きだった。

分かってはいたけど、思った以上に不向きだった。

他の条件の良さに目が眩んで、

「なんとかなる!」と思っていたが、

何ともならなかった。

この辺の詳細は、過去の記事に記載したので省略。

 

mumyoujyouya.hatenablog.com


 

もともと採用時は、新規オープン予定の店舗のオープニングスタッフとして

採用されたんだけど、

コロナの長期化で新規店舗がオープンできず、

完全に自分が余剰人員になっていたのも

肩身が狭かった。 

 

 

 職場の雰囲気に馴染めないのは、正直どこにいってもあるんだけど

それが露骨に業務に支障となって現れたのがダメだった。

会議資料、一人だけ回されないとか、なんだそれ。

 

 

独身アラフォーで、人生の大半を「仕事」に費やしているからこそ

この会社で定年まで働く、という人生が

どうしても描けなかった。

 

 

あと、社風がバリバリ「人間力を育てる」「自己啓発」系だったのが嫌だった。

業務に直接関係のない行動を強要されるのが、自分は本当に嫌いだった。

 

この辺は、完全に単なる好き嫌いの問題だから

自分が事前に調べなかったのが悪いんだけどね…。

会社としても、文句あるなら来るなってところだろうし。

一応OpenWork等の口コミサイトは粗方確認したんだけど、

口コミ自体が無い会社も多いんだよね…

 

 

 

でも、一番自分が嫌でどうしても許容できなかったのが、

反対意見を述べたときに、全く取り合ってもらえない、

検討自体をしてもらえないことだった。

 

検討した上で却下されるのとは全然違う。

会議などの、正式な場でそれを何度も経験したのが、退職の決め手だったと思う。

 

 

新参者のペーペーだから意見なんて通らないのが当たり前?

でも、「検討した結果、却下される」のと、「検討すらしてもらえない、発言が議事録にも載らない」のは全然別だと思う。

 

 

どんどん積極的に意見を述べて欲しい、っていうのが建前なのは分かっているけど、

意見を述べたのにそれが無視されるのであれば、

全てが、上の都合のいいように行う茶番にしか思えない。

 

 

大なり小なり、どこに行っても必ずある問題だけど

あまりにも露骨すぎて無理だった。

 

 

なんだか文句ばっかりな記事だなー

でも、書き出すことでちょっと整理ができたような気がする。